プロフィール

響喜

 

唄・津軽三味線・篠笛・箏・和太鼓・舞踊からなる

女性のみの和楽器ユニット。

 

民謡・祭囃子,邦楽古典曲から,歌謡曲,オリジナルまで,

あらゆるジャンルを響喜流のアレンジで

「こだわりの和のエンターテイメント」に仕立てている。


2009年より「大阪くらしの今昔館」に定期出演。

万博公園梅まつり,大阪空港コンサート,千里阪急新春コンサート,食博ふるさとステージ,服部天神夏祭り,大阪高島屋など,関西を中心にイベント等に出演。

その他,パーティのアトラクション,老人ホーム公演,学校公演など,

和楽器を聴いたことがない人にも楽しんでもらえるステージを演出。

このほか,ライブハウスやカフェなどでも演奏し,和楽器と縁がない人たちにも和の音色を伝えようと「草の根運動」展開中。


津軽三味線・津軽手踊りなど東北の芸能との関わりが深く,2011年の東日本大震災後は,東北民謡を中心にしたレパートリーにこれまで以上に力を入れている。

 

 【メンバー】

唄・津軽三味線/万響(まゆら)  ブログ「三味線弾きの日常」

篠笛/伊藤美穂 *育児休業中

箏/植野由美子          ブログ「うえのゆみこの毎日箏事(ことこと)」

和太鼓・唄/山田さよ子

舞踊・鳴物/踊り子ゆっこ     ブログ「踊り子ゆっこの気ままな日常」

 

【活動歴】

◆2001年~2005年◆

津軽三味線・篠笛・パーカッションのユニットとして結成。

泉の森ホール「泉の森クリエイティブコンサート」でコンサート企画が採用され,「響喜~民族楽器による古今東西はやりうた」開催(2001年)。

また,青森武道館で行われた「ADD SHAMISEN CONTEST」でオリジナル曲「風舞」を演奏。津軽三味線・篠笛・タブラという異色の組み合わせで注目される。(2001年)

◆2006年~2010年◆

津軽三味線・篠笛・箏・和太鼓のユニットとして再始動。

中之島まつり,帝塚山音楽祭等のイベントや,ライブハウスに出演。

2008年,BIG CATで行われた「蓮音Fashion Show」でBGMの生演奏を担当。即興演奏の面白さに目覚める。

2009年,修善寺で行われた「桂座音楽賞」で準グランプリ獲得。同地を舞台にした岡本綺堂「修禅寺物語」をテーマにしたオリジナル曲を書下ろし,「桂座音楽祭」出演。

2009年,バリ島公演。

2009年より「大阪くらしの今昔館」で定期公演。

◆2011年~2014年◆

2011年,震災チャリティーライブ(@太陽と月)に出演。以後,東北民謡を中心にしたレパートリーに力を注ぐ。阪神淡路大震災から続く伽耶院の「万燈会」に出演。くらしの今昔館でも「がんばれ東北」をテーマにコンサートを行なう。

2012年,日本民謡協会主催「民謡SONIC」(江戸東京博物館)出演。東北民謡に箏を取り入れた独自のアレンジによる2曲を演奏。

2011・2012・2014年,文化庁主催「集まれ!次世代の表現者たち」参加。

万博公園梅まつり,大阪空港コンサート,服部天神夏祭り,庄内バル,千里阪急での新春コンサートなど,北摂での出演多数。

カフェ,ライブハウス,ライブバー等にも出演し,「和楽器との出会い」を広める「草の根運動」展開中。


【主なレパートリー】

  • RIN(オリジナル曲)
  • 四人娘道成寺(長唄「新娘道成寺の合方」より)
  • 六段×六段(筝曲「六段の調」×津軽三味線「六段」)
  • 津軽手踊り*津軽アイヤ節、津軽じょんから節、津軽よされ節
  • 竹田の子守唄
  • 黒石じょんから
  • 南部俵積み唄
  • 秋田音頭
  • 会津磐梯山
  • 秋田大黒舞
  • ソーラン節
  • よさこい⇔阿波踊
  • りんご追分
  • 春よ、来い

etc.

お問合せ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です